So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

初めての週末 [日々のあれこれ]

18日からお仕事を再開して早一週間、今日は始めての週末です。

いやぁ、知らず知らずのうちに鋼の心臓のはっちゃんずもキンチョーしていたみたいで、今朝は9時半まで寝てました。。。。。 この一週間夜もすごく早く眠りについていたし、やっぱ違う環境に身をおくと疲れるものですね。。。。

何でこんなに疲れるんだろうと考えてみると、今度の会社事務所の雰囲気が日本にいたときの<<日本の会社>>にそっくりなんですね。 今年に入ってスタッフの数が爆発的に増えたそうなので、狭いオフィスに机が所狭しと配置され、各島のはずれにマネージャーの机が設置されている、まさに<<昭和の事務所>>そのままなのです。
暑いのでオフィスの3面を占める窓にはすべてブラインドが下ろされていて、外も見えないし、閉塞感がいっぱいです。。。。 とほほ。。。。

皆さん、親切で気さくな方ばっかりなのでこれが救いになっていますが、なんとかもう少し明るくならないものかと。。。。。

まずは、毎朝明るく元気に挨拶するところからはじめてますよ、はっちゃんずは!!

駆け足日本里帰り [日々のあれこれ]

ちょっとブログをサボっている間に、駆け足で日本に里帰りをしていました。

はっちゃんず、日本に帰るのは2年と3ヶ月ぶりです。 就職してしまうと、また更に一年里帰りできないし、今回ビザを取っていただくのに必要な書類を取りに行く用事もあるので、ということで一週間だけの駆け足里帰り。
名古屋場所のタイミングだったので、BG君も当初は日本に行きたかったのですが、今回のごたごたで彼の興味も半減してしまったようで、今回ははっちゃんず一人の里帰りです。

出発前にCNNのサイトで天気予報を調べると、毎日毎日<<雷雨[雷][雷]>> ということで、傘もしっかり用意して出かけたのですが、滞在中の一週間で傘を使ったのは一回くらい、それも家からコンビニに行く時だけという有様。
日本各地ではゲリラ豪雨で、亡くなった方もでて各地ですごい被害が出たにもかかわらず、はっちゃんずはお天気にはとても恵まれました。

今回航空会社はエミレーツを利用しましたが、行きも帰りもほぼ満席。 ドバイ経由でヨーロッパに行かれる方が多かったようで、空港でチェックインしたときには人もまばらだったのに、出発ゲートに行ったら満員でびっくり、でした。

日本の感想は <<ムシ暑かった!!>> の一言です。 ドバイも暑いですが、日本(特に名古屋だからでしょうかね)の蒸し暑さは半端ではなかったです!! 蒸し暑いので、ちょっと外に出るだけで汗びっしょり。 ブルガリアも暑かったですが、乾燥していたので耐えられないほどの暑さではありませんでしたが、日本の暑さは桁違いでした。 BG君一緒に来なくて良かったわぁ、とつくづく思いました。 

今回の里帰りの主目的は (1) ドバイでビザを発給していただくための必要書類をそろえる (2)仕事に着て行く服をそろえる (なにせ、6ヶ月の健康的なブルガリア生活のおかげで、体重が16kgも減ってしまい、以前着ていた服がぶかぶかになってしまったのです[わーい(嬉しい顔)] (3) お弁当箱を買う (今回の職場は都会なので、お昼毎日外食していたらお財布がすぐピンチになってしまいます。 (4) 本を買う でした。

1から3までは無事目標を達成できましたが、4の本に関してはちょっと期待はずれ。 雑誌も本も<<これは読んでおかねば!>> 見たいな物にめぐり合うことができず。。。 忙しかったので、じっくり本屋さんめぐりができなかったということはありますが。。。。。 結局、イチロー選手に学ぶ云々という内容の本と、斉藤孝さんの 凡人が一流になるルール の二冊を購入したのみ。 これは自分が最近活字を全然読まないので読みたい本を見つけるアンテナの感度が落ちてしまったのか。。。。という悲しい推測をしています。

ともあれ、はっちゃんず、明日からお仕事開始です。 頑張るぞ~~~

メトロ初体験 [日々のあれこれ]

今日はドバイ到着以来借りていたレンタカーを空港に返しに行く日です。

で、丁度良い機会ということでメトロを試してみることにしました。 工事中に毎日横を通って通勤していて、線路のあまりの高低差に、絶対乗るまいと半ば決心していたはっちゃんずですが、昨年の9月以来事故も無く運行しているので、そろそろ試してみても大丈夫でしょう。

アパートからは車2台(あ、就職決まったので一台買いました。 今回はトヨタヤリス、超小型車です。 景気も悪いのでダウンサイジングですよ~) で出発して、途中のメトロの駅近くに一台駐車して空港へ向けて出発。

元々ドバイ空港って日中は結構すいていて、夜半過ぎに大渋滞が発生するのですが、午後2時ごろに到着した空港はまったくもって閑散としていました。 以前はあんなにスペースを探すのが大変だった駐車場も半分以上空いています。 

で、さくっと車を返して、メトロの駅にレッツラゴー。 事前に一応ネットで調べてみたのですが、時刻表というものが無いんですね、このメトロ。 列車が来るまでひたすら待つ、というシステムなんでしょうか?

初めてメトロに乗るので、切符を買うところもわからずうろうろしていると、すかさずスーツ姿の男性が近づいてきてアシストしてくれます。 切符は何とインフォメーションセンターで買うんだそうです。。。。

切符を買っていたら、アナウンスが入って私たちの乗りたいメトロが線路に入ってくるらしい。 こりゃ急げ、というわけで日本式にエスカレーターを駆け上がってメトロに飛び乗ります。 プラットフォームには何故か兵隊さんが警備にあたっていらっさいました。 警察じゃなくて軍隊、というところがすごい。 

空港駅も途中の駅もとってもきれいに出来ていて、さすが日本の会社が作ったメトロ!! 車両も日本製です。
日本の地下鉄のように、中吊り広告がないのがちと残念ですが、<<次は◎◎駅>>というアナウンスもしっかり入るし、気分は日本の通勤列車。
空港から目指す駅までも本とあっという間に着いちゃうし、これならこれからの通勤楽しめそう、と思った次第です。

しっかし、朝の通勤時間帯の分だけでも時刻表手に入らないものですかね。 

一年も半分過ぎてしまって。。。 [日々のあれこれ]

いや~、 あっという間に7月ですね。

最初の6ヶ月を限りなくのんびりと村で暮らしてきたので、実際のカレンダーの進み具合と自分の意識が全然一致していないはっちゃんずです。。。。。

とはいえ、ドバイについてからのこの2週間で、村の暮らしは遥かかなたに~~、という感じです。 今日から月も変わっちゃったしね。

就職もようやく決まりました。 前回の時よりう~んと時間がかかりました。 まぁ、不況なので決まっただけでもありがたいと思わないと。 お勤めを始める前の日本里帰りも快く許していただけたし、戻ってきたら一生懸命頑張ります。 

何より、オフィス向けの服を買い揃えてこないと! 今は何とか面接には着ていけるかな、という服が一組あるだけなので。 サイズが変わっちゃったんで、前の服は着られないです。 (サイズダウンの結果なので嬉しいけどね) いとこが以前繊維関係の商社に勤めていたので、問屋さんで買えたりするのです。 嬉しい[わーい(嬉しい顔)]

今回はメトロで通勤! になりそうです。 建設中のメトロの様子を見て、絶対に乗るまいと決心していましたが、会社はメトロの駅のすぐ裏、駐車場もないそうなのでメトロを試してみることに。 
それにしても、ドバイの公共交通機関って4年前にバスに何度か乗ったことがあるくらい。。。。 定期券とかあるんでしょうか?? 一度駅に偵察に行ってこないと。

久しぶりに里帰りが実現するかも [日々のあれこれ]

暑さと砂嵐の日々にも、すっかり慣れてしまった今日この頃です。 

6月13日にドバイに着いたばかりですが、来月あたりちょっと日本に里帰りしようかなぁと考えているはっちゃんずです。

現在ドバイにはVisit Visa(観光ビザみたいなものですかね)で滞在しているのですが、この期間は入国の日から30日。 その後一回は500ディルハム(15000円くらい)払ってもう30日延長できます。 

でも、仕事もマダ決まってないし、ここで15000円かけて延長するより、いっそ一度日本に里帰りしてみようか、と思っているのです。 一番最近日本に帰ったのはもう2年以上前のこと。 去年は裁判やらで忙しく、とてもじゃ無いけど日本まで出かけてホリデーするほどのエネルギーがありませんでした。 

で、今就職が決まってしまったら、またあと1年は日本に戻れないので、それならちょこっとだけでも戻ってみようかな、と。

普段ならはっちゃんずが一人でそんな遠くに出かけるのは嫌がるBG君も、今回は買い物とかいろいろあるので一人で一週間くらい出かけてきたら、というスタンス。 じゃぁ、気持ちが変わらないうちに出かける準備をしましょうと、ネットであれこれお買い物情報を収集し始めたはっちゃんずです。

胃腸薬とか、BG君用のサプリとか、そして就職活動および仕事に行くときのための服とか必要なものはいっぱいあるのです。 何せ、ブルガリア生活で15kg以上体重が減ったはっちゃんずとBG君、以前にドバイで着ていたオフィス服はゆるゆるでとても着られたものではありません。

あと、夜暑くて眠れないBG君のためにタオルケットも買わなくては。 炊飯器も欲しいなぁ。。。。 日本語の本も1冊以外は全部ブルガリアにおいてきてしまったし。。。。

里帰りって、計画しているときが一番楽しいんですよね。


再びドバイで暮らし始めて [日々のあれこれ]

6月13日の早朝にドバイについてから、もう5日過ぎてしまいました。 そして、今日は最初の週末。

11日の夜中にプロブディフから夜行バスに乗ってはるばるイスタンブールへ。 (まぁ、国境で一時間ほど停まっていたのを加えても7時間足らずでついてしまいますから、そんなにはるばるでは無いですが) 国境までの間は2時間ほど眠れたのですが、トルコ側に入ってから高速で走っていたバスが何故か高速道路を横切っているヤギのご一行を避けようと急停車したショックで完全に目が覚め、その後眠れず。。。。 

19時半のフライトを予約してあったのに朝の8時には空港についてしまい。。。。。 まずはソファーのあるカフェで1時間ほど眠り、その後は空港内部を点々として時間をつぶし。。。 イスタンブールからドバイまでは高々4時間のフライトなのでまったく眠れず。 ドバイに到着してからもホテルのチェックインの時間までは気が遠くなるほど時間があり、その間これまた24時間オープンのマクドナルドで時間をつぶし。

朝の10時半にチェックインを済ませてから、夕方までひたすら眠る。。。。。

直行便さえ飛んでいれば、高々4時間の距離ですが、移動だけで30時間くらいかかりました。 加えてホテルにチェックインするまでに余分に6時間。。。 いえね、トルコ航空で移動してもよければ、ブルガリア → イスタンブール → ドバイ という経路もあるんですよ。 この場合、家を出たからドバイまで20時間くらいです。 前回このオプションを選んだときはイスタンブールで9時間待ちでしたから、どちらのオプションも移動の時間の半分は待ち時間。。。。 7月1日からエミレーツがプラハ便を就航するようですが、何とかブルガリアまでも飛ばしていただきたいものです。

で、半年振りのドバイですが、 <<静かだわぁ、ここ>> と言うのが第一印象。
空港も以前はあんなに人であふれていたのに、今回はひっそり。
あんなに渋滞していた道路もスムーズに流れ、街から活気が消えてしまっています。
ワールドカップの真っ最中だと言うのに、ホテルのバーも半分くらいの入り。
街を歩くヨーロッパ人の数がめっきり減り、以前はそんなに見なかったアフリカ系の人たちがうーんと増えました。

来週からは職探しもかねて、もっといろいろ出歩くと思います。 だから、しばらくは街角ウォッチで以前のドバイとの比較をしてみたいと思います。

再びドバイへ [日々のあれこれ]

ちょっとブログの更新も滞っていましたが、はっちゃんず再びドバイに参ります。

もともと今年の真ん中くらいには、あれやこれやの更新のためにドバイに戻らなければいけなかったのですが、日にちを6月にするのか7月にするのか迷っておりました。

多分2ヶ月くらいの滞在でまたこちらに戻ってくるかと思います。

この次の更新はまたドバイからで~す。 月曜日には更新できるかも。


体調管理の難しさ [日々のあれこれ]

5ヶ月半、ブルガリアで暮らしている間にお医者さんにかかった回数2回。 それが2度とも同じ胃腸炎の症状。。。。。 さすがに2度目は最初のときよりも症状が軽かったので、多少の学習能力はあるのでしょうが。。。。 

お医者様からも、<<あれあれ、この人また来たの??>>という哀れみの目で見られてしまいました。

NZにいた頃は風邪も3年に一度くらいしかひかなかったのに。。。。 歳にはかなわないと、昔を振り返ってしまったはっちゃんずです。

駆け足で世界遺産を見て回る その2 [日々のあれこれ]

<2日目>

この日は大移動の一日。 実はあまりにお天気が良いので、ネセバルでもう一泊してから移動しようかと迷いに迷ったのですが、結局兎に角先に進めるところまで進んでおこう、ということになりました。

今日はBG君がどうしても行っておきたかった<マダラの騎士>そして、その近くにあるからこれも制覇しておこうということで、第一次ブルガリア帝国の首都プリスカと第二次ブルガリア帝国の首都プレスラフ (名前が似ているので間違いやすいです。。。。。)をメインに行動しました。

ネセバルからこれらの遺跡にたどり着くには、まず海岸線を一気にヴァルナに向かって北上し、そこから西に向かう事になります。 朝ごはんを食べてからネセバルを出発し、お昼ご飯をヴァルナで済ませて、最初の目的地プリスカにたどり着いたのは午後2時頃、すでに結構な距離を移動しています。 

プリスカが第一次ブルガリア帝国の首都に定められたのは681年。 ここは200年間首都として栄えたそうです。

でも2010年の現在は、回り一面を畑に囲まれたのどかな場所。 見渡す限り平原でさえぎるものは一切ありません。 はるか遠くには山々が連なっているのですが、こんな大平原の真ん中に首都を作って、誰かが攻めてきたらどうするんだろう?? と考えてしまいました。
首都の周りには二重の厚い城壁が作られていたので、敵から身を守る用意はされていたようですが。

王族の住居の奥には秘密の通路なども設けられていました。 

100_0252.jpg

このお城から少し離れたところにあるのがゴリャマ・バジリカという9世紀に作られた教会の跡。 結構しっかりと修復作業が行われているようで、その美しさは今でも十分に通用するものです。

100_0248.jpg

さて、首都を後にして、次なる目的地は1979年に世界遺産に登録された<マダラの騎士>。 切り立った断崖に刻まれている騎士のレリーフです。 これはブルガリアのコインの裏にも刻まれているとっても有名なものです。

ここにたどり着いたときには、もうかれこれ4時近くだったのですが、兎に角暑い。。。。。 残念なことに4年間頑張ってくれていた愛車のエアコンのガスが切れてしまったようで、車の窓を少し開けて涼しい空気を入れながらの走行。 この日の最高気温はすでに30度以上。 ほんの2ヶ月前までは雪で閉ざされていたというのに、この季節の変わり身の速さはどうでしょう??

<マダラの騎士>はこちら という矢印を目当てにとろとろと山を登っていったのですが、どこにもそれらしきものが見えない。。。 山をほとんど頂上まで登りきったかなぁというところで、博物館とちっちゃなお土産ものやさんに遭遇。 ここに違いない。
マダラの騎士まで500mという、標識の先は。。。。 ひえぇ、急勾配の石段。 500mって書いてあるけどそれ全部階段???

ちょうど一緒になったフランス人観光客(ほとんど全員がリタイアしたご老人といった風情)の皆さんも元気に登っているので、中年のはっちゃんずも頑張って登ります。


石段を登りきると、ありました! <マダラの騎士> 歳月でかなり滑らかになった岩肌に犬を従えた馬上の騎士がライオンを倒したところがはっきりと掘られています。

100_0255.jpg

この騎士の像の近くには洞窟もあり、昔教会として使われていた洞窟跡とかが公開されています。

100_0256.jpg

100_0264.jpg

100_0261.jpg




駆け足で世界遺産を見て回る その1 [日々のあれこれ]

5月も終わりに近づいてきて、はっちゃんずとBG君は念願の<<駆け足で世界遺産を見て回る>>旅に行ってまいりました。

行程をざっとお知らせすると K村 ⇒ ネセバル ⇒ ヴァルナ経由で ⇒ プリスカ ⇒ マダラ ⇒ プレスラフ ⇒ カザンラク ⇒ ヒサリア ⇒ K村 全工程1000KM以上を二泊三日で制覇いたしました。

で、この様子を写真を主にこれまた駆け足でご紹介します。

<1日目>

ここ一週間ばかりお天気が安定しなかったので、はっちゃんず毎朝毎晩天気予報とにらめっこ。 やっと3日間晴れ! という予報が出たので駆け足世界遺産を見て回る旅の決行を決意しました。

頑張って早起きしてシャワーも浴びて、さぁ出発

K村から黒海までは高速道路をひたすら東に進みます。 道路沿いはほとんどが見渡す限りの平原で、ひなげしやラベンダーそして小麦などが植えられている様子は本当に御伽噺のようでした。

K村を出てから4時間ほどで念願のネセバルに到着しました。

100_0239.jpg

黒海に突き出した半島の港町ネセバルは、紀元前2000年前頃に最初の居住者トラキア人が入植を始めた場所です。 その後もギリシャ、ローマ帝国、ビザンチアン帝国、第1・2次ブルガリア帝国などが重要な拠点として利用した土地でした。 1983年にはその歴史的建築物と町並みがユネスコの世界遺産に登録されました。

100_0231.jpg

半島は歩いて30分ほどで回れる大きさ。 でも、辻つじに要塞の跡とか、教会の跡とかが良い状態で残されていてその周りに、ブルガリアの伝統的な家屋が建っています。 

100_0234.jpg

100_0235.jpg

100_0240.jpg

駆け足でご紹介


前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。